クラ吹きの音楽情報館

このページは音楽に関連した記事を取り上げています。
元吹奏楽部なので、吹奏楽やクラシック関係の記事多め。
管理人はクラリネット吹きです。
クラシックからポップス、ジャズ等の経験があります。



    (出典 dot.asahi.com)



    1 muffin ★ :2020/05/27(水) 12:54:27 ID:j4ET2HWM9.net

    https://natalie.mu/music/news/380613

    坂井泉水(ZARD)の命日である5月27日の12:00にオフィシャルサイトに“Web献花”ができる特設ページがオープンする。

    2007年に坂井泉水がこの世を去ってから13回目の命日を迎える。例年は彼女にゆかりのある東京・六本木と大阪・北堀江に献花台が設置され、多くのファンが訪れていたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、3密状態や県外移動などを防ぐためにWeb献花が行われることとなった。例年会場になっていた場所に献花台などは用意されない。

    また“Stay Home”期間に合わせて、17曲のミュージックビデオ、ライブ映像がZARDのYouTube公式チャンネルに5月末までの期間限定でアップされている。このうち「負けないで」「揺れる想い」「マイフレンド」「心を開いて」「Don't you see!」という特に人気の高い5曲の公開が6月以降も継続されることが決定した。

    献花特設サイト
    https://wezard.net/flowers/

    負けないで

    (出典 Youtube)



    (出典 ogre.natalie.mu)


    【【音楽】ZARD坂井泉水の13回目の命日、Web献花特設サイトがオープン】の続きを読む



    (出典 img.hmv.co.jp)



    1 ネギうどん ★ :2020/05/26(火) 09:14:51 ID:wFC/RjXn9.net

     女性アイドルグループ「PassCode」の最新曲「STARRY SKY」が最新6月1日付のオリコンチャートに1位で初登場することが25日、確定した。2016年のメジャーデビュー後、シングル6作目で初のトップ10入りにして初の首位。ヘビーなロックサウンドに合わせて歌い踊っている異色アイドルで、欧米など海外でも音楽的評価が高い。
     同曲はフジテレビ系ドラマ「隕石家族」の主題歌に起用されている。同ドラマはコロナ禍でも放送が続いている数少ない新作で、現実と奇妙にシンクロするストーリーが話題になっている。グループの地道な活動が実を結び始めたタイミングと、ドラマの話題がうまく連動し、一気に首位獲得となった。

     メンバーの南菜生(23)は「偶然出会った4人がたくさんの方に出会い支えられ今日までPassCodeを続けてこれたこと、このタイミングで『STARRY SKY』という曲が生まれ1位という初めての順位がいただけたこと、すべて偶然じゃなく必然だったように思います」とし感謝。「また一緒に大きな音を鳴らす最高の夜を楽しみにしています」と、ファンとライブでの再開を待ち望んでいる。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/26/kiji/20200525s00041000429000c.html


    【【音楽】異色アイドルグループ「PassCode」 オリコン初登場1位 欧米など海外でも音楽的評価が高い】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 当方名無し、全パート募集中 :2020/05/05(火) 16:06:57.37 ID:6DLVSHpI.net

    「元気いっぱい、笑顔いっぱい、夢いっぱい」
    京都橘シニア・ハイスクール・バンド
    について、コンテストの評価以外をお話ししましょう。

    ※学校や生徒の誹謗中傷は厳禁
    ※生徒の個人情報に繋がるレスは厳禁
    ※教師コーチ元教師元コーチ卒業生の誹謗中傷や個人情報も厳禁
    ※撮影者の話題も厳禁

    前スレ
    【京都橘高校吹奏楽部】オレンジの悪魔15
    http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/band/1583914101/
    【京都橘高校吹奏楽部】オレンジの悪魔14
    http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/band/1581748724/
    【京都橘高校吹奏楽部】オレンジの悪魔13
    http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/band/1578469304/
    【京都橘高校吹奏楽部】オレンジの悪魔12
    http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/band/1576828864/
    【京都橘高校吹奏楽部】オレンジの悪魔11
    http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/band/1574372415/


    【【京都橘高校吹奏楽部】オレンジの悪魔16】の続きを読む



    (出典 animeanime.jp)



    1 臼羅昆布 ★ :2020/05/24(日) 21:10:11 ID:5MZhoVFT9.net

    2020年05月24日 20時00分
    http://npn.co.jp/article/detail/200004235

    歌手のLiSAが歌う人気アニメ「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華」が20日までに、サ*クリプション(定額聴き放題)の
    各サービスにおける総再生数が1億回を突破したことを、一部スポーツ紙が報じた。
    LiSAは、昨年大みそかのNHK「紅白歌合戦」に初出場して同曲を披露。記事によると、まず、紅白で曲が話題になった
    こともあり再生回数がアップ。
    また、新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛要請期間中、「鬼滅」のアニメ26話がABEMAで無料配信スタート。
    ほかの動画配信サービスでも再放送されたことで“鬼滅ファン”が急増。
    さらに、連載していた漫画誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)は18日の発売号で連載が最終回を迎えファンの間に
    “鬼滅ロス”が広がり、10月には劇場版の公開が予定されている。
    「今後、まだまだアニメ版は話題になりそうで、劇場版もおそらくそのまま主題歌に起用されそう。どんどん再生回数を
     伸ばすことになりそうだ」(音楽業界関係者)
    サ*クでの総再生回数1億回超えはOfficial髭男dismの「Pretender」と「宿命」、女性シンガーソングライター・あいみょん
    の「マリーゴールド」、King Gnuの「白日」に続き史上5曲目だという。
    「今年はコロナの影響でアーティストたちのライブやツアーが続々と中止になっている。そのため、アーティストたちの
     稼ぎはCDの売り上げと音楽配信が中心。ジャニーズ事務所勢も人気アーティストたちも続々とCDの発売を延期。
     音楽配信もLiSAほど稼ぐアーティストはいない。感染拡大がこのまま収まらずにライブ開催が難しければLiSAが
     音楽界の稼ぎ頭になりそうな勢い」(芸能記者)


    (出典 npn.co.jp)

    LiSA


    【【音楽】『鬼滅の刃』主題歌、今年の売り上げナンバーワンに躍り出る可能性が浮上?】の続きを読む



    (出典 www.universal-music.co.jp)



    1 湛然 ★ :2020/05/24(日) 18:07:30 ID:dDrlP4NH9.net

    May 19, 2020 9:05AM ET
    The 100 Greatest Debut Singles of All Time
    https://www.rollingstone.com/music/music-lists/greatest-debut-songs-singles-990470/billy-ray-cyrus-achy-breaky-heart-995056/


    Here are the bands and artists who got it right the very first time
    By Rob Sheffield & Brittany Spanos & Claire Shaffer & Jonathan Bernstein & Elias Leight & Jon Freeman & Kory Grow & Andy Greene & Joseph Hudak & Brenna Ehrlich & Jon Blistein & Angie Martoccio & Jon Dolan & Jason Newman & Jerry Portwood

    A great debut single is the opening line in a conversation you never want to end, and hearing a band or artist get it right on their first try is one of the greatest thrills in music. Unlike debut albums, there’s some gray area involved in determining exactly what constitutes a debut single. We decided that solo debuts by well-known artists didn’t count (so classics like Lauryn Hill’s “Doo-Wop (That Thing)” or Snoop Doggy Dogg’s “Who I Am (What’s My Name)” weren’t eligible). But singles by new bands that happened to include established artists (like Public Image Ltd) were fair game, as were bands that had released music under a previous name or in an earlier form, like the Grateful Dead, CCR, and New Order. We also gave a pass to a couple of artists who put out local records no one heard or promotional singles that weren’t available commercially.

    The list we ended up with is heavily titled toward singles that became building blo*s to great careers, though there are a couple of seismic one-hit wonders here as well ? after all, there’s something to be said for perfecting your musical vision in three minutes, remaking the world, and getting out of the way to let future generations make sense of the mess you’ve created.


    The 100 Greatest Debut Singles of All Time

    1 Britney Spears, “…Baby One More Time”  
    (出典 Youtube)

    2 The Ja*son 5, “I Want You Ba*”   
    (出典 Youtube)

    3 The Sex Pistols, “Anarchy in the U.K.”  
    (出典 Youtube)

    4 Run-DMC, “Su*er M.C.’s/It’s Like That”
    5 Chu* Berry, “Maybellene”
    6 R.E.M., “Radio Free Europe”
    7 Led Zeppelin, “Good Times Bad Times”
    8 Elvis Presley, “That’s All Right”
    9 The Ramones, “Blitzkrieg Bop”
    10 The Smiths, “Hand in Glove”

    11 Taylor Swift, “Tim McGraw”
    12 Lil Nas X, “Old Town Road”
    13 The Clash, “White Riot”
    14 Kanye West, “Through the Wire”
    15 The B-52’s, “Ro* Lobster”
    16 Radiohead, “Creep”
    17 Outkast, “Player’s Ball”
    18 The Box Tops, “The Letter”
    19 Depeche Mode, “Dreaming of Me”
    20 Kate Bush, “Wuthering Heights”

    21 The Beatles, “Love Me Do”
    22 Otis Redding, “These Arms of Mine”
    23 Buddy Holly and the Cri*ets, “That’ll Be the Day”
    24 Missy “Misdemeanor” Elliott, “The Rain (Supa Dupa Fly)”
    25 Credence Clearwater Revival, “Suzie Q”
    26 New Order, “Ceremony”
    27 Oasis, “Supersonic”
    28 The Doors, “Break on Through (to the Other Side)”
    29 Lorde, “Royals”
    30 Chic, “Dance, Dance, Dance (Yowsah, Yowsah, Yowsah)”

    31 Prince, “Soft and Wet”
    32 The Go-Go’s, “Our Lips Are Sealed”
    33 Pearl Jam, “Alive”
    34 D’Angelo, “Brown Sugar”
    35 Frank Ocean, “Novacane”
    36 The Eagles, “Take It Easy”
    37 Wu-Tang Clan, “Protect Ya Ne*”
    38 One Direction, “What Makes You Beautiful”
    39 Bla* Flag, “Nervous Breakdown”
    40 Blondie, “X Offender”

    ※各曲の解説及び動画は省略、引用元サイトをご覧ください。


    【【音楽】米ローリングストーン誌が「最も偉大なデビュー・シングル TOP100」を発表】の続きを読む

    このページのトップヘ